【与論島】映画めがねのかき氷屋?美咲のメニューがユニークと話題!

与論島が舞台となった映画『めがね』ってご存知ですか?

女優・小林聡美さんが主演で、ほのぼのしたシュールさが何とも言えない味を出しています。

映画ではかき氷屋が出てきますが、実際に存在するのでしょうか。

ご紹介していきたいと思います。

映画『めがね』とは?

映画『めがね』

2007年公開

映画『めがね』のキャッチコピーは、「何が自由か、知っている」。

与論島を舞台に撮影されました。

映画『めがね』のあらすじは?

タエコ(小林聡美)

タエコ(小林聡美)

日常生活に疲弊していたタエコ(小林聡美)が主人公。

ある日、電波も届かないような「島」に行こうと思い立ちます。

荷物をいっぱいに詰めたキャリーバッグと共に、タエコは島に降り立ちます。

映画『めがね』

都会から来たタエコは、思った以上に「島の生活」に馴染めません。

しかし、民宿の主人や島の人々と触れ合う中で、タエコは徐々に変化していきます。

何かに焦ることなく、ゆっくり生活する。

その過程で、大切なモノを見つけていく、というステキな映画です。

映画『めがね』に関する声

【与論島】映画めがねのかき氷屋?

映画『めがね』

映画に「かき氷屋」が登場します。

何とも言えないレトロな雰囲気の小さなかき氷屋です。

残念ながら、このかき氷屋は「与論島」に実際には存在しません。

実は『めがね』のロケ地とは関係ないのですが、美味しいかき氷屋はあるんです。

かき氷屋『美咲』

かき氷屋『美咲』

パット見では、かき氷屋と認識できない感じの香ばしさを放つ佇まい。

かき氷屋『美咲』

かき氷屋『美咲』

さびれかかったこの古めかしい感じに、とても風情を感じます。

なんと実は、このお店のメニューに『めがね』というかき氷があるんですよ!

だからこそ、映画めがねのかき氷屋があるという噂が生まれたのかも知れません。

美咲のメニューがユニーク!

かき氷屋『美咲』

「お品書き」という響きがいい

『美咲』のメニューには、謎の名前のかき氷があります!

まず、噂通り『めがね』がありますね!

次に気になるのが、『きむらのアホ』

木村さんは、人気らしいです。

かき氷屋『美咲』

ということで、「めがね」と「きむらのアホ」を2人でオーダー。

とにかく口当たりが良くて、昔ながらのかき氷という雰囲気が満載でした。

情緒たっぷりのかき氷屋は、インスタにも映えること間違いないかと思います。

ぜひ行ってみてくださいね。

かき氷屋『美咲』の場所はどこ?

『プリシアリゾートヨロン』に宿泊中であれば、バイクで15分ほどです。

『美咲』のかき氷に関する声

とても人気が高いということが分かりますね。

まとめ

映画『めがね』の舞台となった与論島。

『めがね』のあらすじや、かき氷屋『美咲』について紹介してきましたがいかがでしたか?

「何にも無い」が、与論島にはあります。

のんびり、ぼーっと黄昏れたくなったら、与論島をオススメします。

実際には電波も届く島ですので、安全で快適な旅は出来るはず!

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です